Indie label of market

ペンギンマーケット

肉体より、精神的衰えのほうが怖い【1】

music01

最近、年齢を感じずにはいられないことが多々ある。
特に精神面での衰えが今年に入ってからひどいのだ。

大人がよく言う
「時間の流れが早い」 「1年なんてあっと言う間」
これが今まさに自分に起きているのである。

去年はそこまで早く感じていなかったように思うが、何故か今年に入って急に早くなった気がするのだ。とうとう私も「老い」のレールに乗った。こうなったら「死」のゴールまで年々スピードを上げながら進むしかない。

でも、この「時の流れが早くなる現象」はそんなに恐ろしくは感じていないのだ。

子供の頃から親に散々言われてきた「老いあるある」なので、来てしまったと多少の落ち込みはあっても予想の範囲内である。早くなるのは、仕事や子育てなど「やらなければならないこと」が1日の大半を占めているためだと私は思っている。大人はゆっくりする時間が少ないから早く感じるのだ、きっと。

それよりも…
「最近のカルチャーに関心がない」これが個人的大問題なのだ。

一番ショックだったのは、
「昔聴いていた音楽をエンドレス」これに気づいたときに恐怖したのである。

私がこうなる前、まだ若者であった当時、家族で音楽番組を見ていると

「みんな同じに見える」「音がうるさくて何をいってるのかわからない」
「どこが良いのかさっぱり」「他の番組に変えろ」

と全く関心を持つことがなく、3時間の特番なんてあろうものなら途中で勝手に番組を変えられていたこともあった。そのくせ「懐かしの歌謡曲ヒットパレード」が放送されると他の番組には絶対変えることはない。

「こうはなりたくない。」

あんなに思っていたのに!流行りに理解のない大人にはなりたくない!
服装は年齢によって変わっても音楽は自由でいたいと思っていたのに!

最後の心の拠り所であった「音楽」に老いを感じ、怖くなった私は、これ以上の「精神的な老い」をなんとかしようと、最近の音楽業界について調べてみることにした。

還暦祝いにプレゼントした商品

還暦祝いのプレゼントに悩む方、よくプレゼントされている商品は何なのか知るとプレゼント選びのヒントになるでしょう、父親や男性に対する還暦祝いで一番多いのは財布です。新しい人生の節目と言う事で今までと心機一転するために普段使える財布をプレゼントする方がいます。使いやすいものなら喜んでもらえるでしょう。
還暦というと赤いものをあげるイメージがありますが決して赤にこだわらなければいけないというわけではありません。特に男性の場合は赤い財布を持ちませんので他の色を選ぶようにしましょう。
そして他にもお酒が人気です。中でも特に人気なのが名前を入れているものになります。これなら思い出に残りますしお酒そのものを楽しめるのもいいところです。
あと女性や母親の場合ですが男性同様財布が人気になります。女性の場合は赤い色を選ぶこともできます。また高級ブランドのものも人気です。
他にはスイーツやお花も大人気になります。あげる側の満足度が高いのは勿論のことですがもらった方の満足度も高い商品です。お花は見た目の華やかさがありますしスイーツは食べて楽しめます。五感で楽しめる商品はいつの時代でも人気です。
男性女性関係なくプレゼントされているのはオリジナルの額です。名前を入れたメッセージやポエムが入っているのが特徴で世界に一つしかないという特別感も人気の理由になっています。どれを選べばいいか迷った時にはこれを選ぶのもいいでしょう。

CD制作費用

マキシシングル(バンドで2-3曲録音)の場合

1.録音:10時間=3~6万円

2.編集・ミックス・マスタリング:4~6時間=1.5~4万円

3.CDプレス・ジャケット印刷:500枚=10万円

合計20万円くらい

オーディション応募用デモCD(ソロボーカルで2曲録音)の場合

1.録音:4時間=1.5~3万円

2.編集・ミックス・マスタリング:1-2時間=5000円~1万円

3.CDーRコピーと盤面印刷1色:50枚=1.2万円~3万円

合計3-10万円くらい

アルバムを作る場合(クラシックピアノで10曲録音)

1.録音+調律:20時間=20万円

2.編集・ミックス・マスタリング:6時間=3~6万円

3.CDプレス・ジャケット印刷:500枚=10万円

合計30万円くらい

インディーズCD販売ショップ一覧

恵比須堂(えびすどう)
創業して50年以上。邦楽、洋楽、インディーズまで20万点以上の品揃え。

NAGASAKI-YA 33
ジャズ・ロック・歌謡曲など。インディーズも取り扱いあり。

ティーボーンレコード
長崎の中古レコード店。国内インディーズの取り扱いあり。

レコード・ジャングル
開店20年以上の年北陸・金沢の有力店。輸入盤やインディーズの充実に力を入れている。

nowhere-records
通信販売専門店。横浜の長老格インディーズ・クラゲイルの紹介もしている。

サウンドスペースLINK
千葉県八千代市のCDショップ。インディーズの他にも商品豊富。通販もOK。

One Inch Rock
中古インディーズロックが豊富だが、ジャンルも豊富。

shiosai JAZZ WEB
日本のインディーズ・ジャズの取り扱いにも力を入れており、取り寄せも可。

Diddley Company
ソウル、ファンク等、ブラックミュージック中心で45’sの通販がメイン。時々催事にもでている。

ロックパレス
HR/HM中心の中古CDショップ。地元をはじめ国内インディーズバンドの音源も取扱っている。

高良レコード店
沖縄県の1949年創業の老舗の音楽総合ショップ。民謡から最新インディーズまで取り揃えている。

MusicTerm
全国送料無料のインディーズCDの委託販売サイトです。海外への販売も可。

DISC WAVE 池袋店
インディーズ・メジャーVISUAL。貴重なCDからグッズまで都内随一の品揃え。

CDアンダマン
94年にオープン。ヴィジユアル系インディーズ~メジャー専門。

shop33
テクノ系国内インディーズが充実の店舗。

自主盤倶楽部
ヴィジュアル系インディーズ取り扱い専門店。

OUT TA BOMB
ハードコア・パンク・デス・メタル・エモ・ロック・インディーズ等を取り扱っている。

Vinyl Junkie  
UK/USなど海外インディーズ輸入CD専門店。特にUK物は充実。

海外の主要なインディーズ音楽レーベル一覧

ロック

スティッフ・レコード
2トーン・レコード
ラフ・トレード・レコード
オルタナティブ・テンタクルズ・レコード
キル・ロック・スターズ・レコード
サブ・ポップ
チェリーレッド・レコード

ソウル・R&B

スタックス・レコード
ハイ・レコード

ブルース

チェス・レコード

ヒップホップ、ラップ

シュガー・ヒル・レコード
コールド・チリン・レコード

レゲエ

スタジオ・ワン・レコード
トロージャン・レコード

ジャズ

ブルー・ノート・レコード
ESPディスク・レコード
BYGアクチュエル・レコード

日本の主要なインディーズ音楽レーベル一覧

あ行

アース・スター レコード
Art Stone Records International
Aaron field
A-CUE RECORDS
UP-FRONT INDIES[4]
A-Sketch
A stAtion
VIVID SOUND
エレックレコード
OTOTOY

か行

カクバリズム
CAFFEINE BOMB RECORDS
GARURU RECORDS
CAPTAIN HAUS RECORDINGS
karent T

さ行

Sound-Line.Record
THA BLUE HERB RECORDINGS
残響レコード
サンセット
シルバーレコード
SYMPATHY.Record

た行

Topow.J(トップオー・ジェー)
Da.Me.Records
タワーレコード
bounce records
T-Palette Records
地球レコード
つばさレコード
ティラル・コラポレーション
TNX
TME RECORDS

な行

ナゴムレコード
人間大學レコード
NOSH ARTIST
ねこれこ

は行

ハイラインレコーズ
Buzzword Records
Heart-Voice Records
ハピネット音楽制作部
Pヴァイン
ベルウッドレコード
ベンテン・レコード

ま行

Marble-T Record
マーベラス
Mind Garden Music
MARIA VIENNA
METAL JAPAN RECORDS
MAFIA RECORDS MANAGEMENT

や行

パパイヤれこーど
URCレコード
ユークリッド・ミュージックエンタテインメント
UKプロジェクト

ら行

ライド カーニバル
Lastrum Music Entertainment
loversoul music&associates
リトルロックレコーズ
Limited Records

わ行
One-Coin records

肉体より、精神的衰えのほうが怖い【4】

今回は「精神の老化防止」のためにと、とりあえずインディーズとメジャーについて調べてみたが、今までの勘違いに気付き、正しく理解できたので調べて良かったと思う。結局のところ、アーティストによって事情はそれぞれあるだろうが「いいものはいい」これに尽きる。

活躍する場がメジャーだろうとインディーズだろうとアーティストとオーディエンスが音を楽しめればそれで良いのだ。相思相愛の時が一番幸せなのだ。ただ、個人的にはインディーズミュージックのほうがレーベルがたくさんある分「探す楽しみ」がありそうに感じた。なんだか久しぶりにワクワクしてきた!

このワクワクが止まらないうちに、私と相思相愛の運命のアーティストを探し行こう!運命の相手が見つかった時は、またここで報告させてもらうことにする!

では、また会うその日まで!

肉体より、精神的衰えのほうが怖い【3】

music03

―――インディーズからメジャーへ、メジャーからインディーズへ―――

一般的に私もそうだが、インディーズからメジャーへ行きメジャーからデビューするのが正攻法のように認識されているが、現在はそうでもないようだ。あえてインディーズで活動するアーティストや、あえてメジャーからインディーズへ移籍するアーティストも多い。

インディーズからメジャーデビューするには、まず、インディーズ界である程度活躍し話題になることである。そして話題になってくると、メジャーレーベルからデビューしませんかとスカウトがある。大手からすれば、ある程度実績があるアーティストの方が諸々とリスクが少ないからだ。アーティストは、今よりもっと良い環境が約束され、活躍の場も広げられるメジャーに成功を夢見て移籍するようだ。売れなければ安定せず、先が見えているインディーズ活動。メジャーに夢を見るのも頷ける。

そしてインディーズでの活躍を知らない大衆は、メジャーの大々的プロモーションにより知ることとなり、メジャーからデビュー=プロと思ってしまう。

なるほど、勘違いはここから始まるのか。まんまとメジャーの宣伝力に踊らされていたわけだ。

しかし、せっかくその活躍が認められメジャーからデビューしても、またインディーズに戻ってしまうアーティストが多いのも事実。それはなぜか?

先に書いたメリット・デメリットにもあるが「自由を奪われる」が理由にあげられる。いくらインディーズで活躍したからと言っても、デビューの時に大々的にプロモーションをしたからと言っても「売れないと稼いでくれないと意味がない」

いつしか売れる曲を作ることが目的となり、本来やりたかったことができなくなるのだ。商業主義に嫌気がさし、あえてインディーズに戻っていく。売れなかったからインディーズに落ちたということではないのだ。自由な表現を求めて、自らの意思で、インディーズの世界にいるのだ。

それとこれも先ほど書いたが「収入」も関係しているらしい。先のメリット・デメリットで「給料制だから、大ヒット・ハズレに関わらず、収入に大きな影響ない」と書いたが、CDの売上不信に歯止めが効かない今の状況では、元々も給料が少なすぎてメジャーに所属しているからと言って生活できるわけではないようだ。バイトをしている新人も多いとのことである。

ヒット・ハズレ以前の問題だ。

その背景にはCD売上不信に大手レコード会社の搾取がプラスされている。契約によっては、売上の10%、例えば5000万売り上げがあったとしたらその10%、500万がアーティストに入ってくる。これがインディーズの場合、インディーズCD専門の販売会社に30%支払ったとしても残り7割、3500万がアーティストに入る計算だ。給料が高くない限り、収入面でもインディーズの方がましなのかもしれない。メジャーのメリットが1つ消えてしまった。自由な表現の場とお金の両立が叶うなら、インディーズ界はまさにアーティストの桃源郷だろう。

最近では、メジャーデビューなんてワンクッション置かずに最初からインディーズで現在活躍している新しいタイプのアーティストも出てきている。

肉体より、精神的衰えのほうが怖い【2】

music02

とりあえず情報を仕入れなければ!と手当たり次第に音楽ニュースを検索していると、「〇〇がインディーズレーベルに移籍」や「インディーズデビュー」など「インディーズ」という単語が多く目に止まった。

メジャーからインディーズに戻る、いわゆるインディーズ落ちは私が若い頃もよく聞く話であったが、「インディーズデビュー」というのがよくわからない。更に、斜め読みの勝手な印象だが、インディーズのほうが活気がありそうである。

この際、インディーズとメジャーの関係をハッキリさせて一から勉強し直そう!
ということで、インディーズとメジャーについて調べてみた。

アマチュア=インディーズではない

デビューしていない「アマチュア=インディーズ」がほとんどの人が持っているインディーズのイメージではないだろうか。大間違いである。「インディーズだろうと音楽でお金を稼ぐことができればプロ」なのだ。

「大手レコード会社のレーベルに所属していればメジャー、大手レコード会社のレーベルに所属していなければインディーズ」

ただ所属しているところの大きさの大小だけ違いであって、メジャーだからインディーズだからどうということはないのだ。それと同じで、よく「メジャーデビュー」と言葉を聞くが、ただ大手レコード会社からのデビューしただけのことであってインディーズにも「インディーズデビュー」がある。最近テレビで見かける機会が多いセカオワこと「SEKAI NO OWARI」もデビューはインディーズである。(2010年)

このことからもわかるようにメジャーもインディーズも関係なく、支持されるものは支持させるのだ。

―――インディーズとメジャーのメリット、デメリット――
インディーズとメジャーの区別は所属会社の大小でしかないのはわかったが、それぞれからデビューしている理由は何なのか。インディーズ所属とメジャー所属のメリット、デメリットをみてみよう。

メジャー所属のメリット
大々的なプロモーションにより、世間の認知度が一気に上がる。

プロモーションをが入念。アーティストの売り出しや売り込みに費用を掛けてくれる。
さらにプロモーションが派手で大きいため、ヒットする可能性が高くなり、当たれば爆発的に売れる。

要は宣伝活動、会社で言ったら営業にかなり力を入れるということだろう。
自分で営業しなくてもいいのならこれは楽だ!

メジャー所属のデメリット
所属アーティストは対音楽事務所が基本となる。

そのため収入は事務所からの給料制で、大ヒット・ハズレに関わらず、収入に大きな影響ない。
アーティスト個人の志向や時間が自由ではない。
事務所の指示やプロデューサーなどの意向に従って活動していかなければければならない。

これはよく聞く。事務所と意見が合わずに衝突した。デモを作って会議に持って行くの繰り返しが嫌になったなど雑誌で読んだこともある。プロデューサーが入るようになってから「らしさ」が無くなってしまってそのアーティストに興味が持てなくなったことも。

インディーズ所属のメリット
インディーズ事務所は規模が小さい分、個人レベルでのリリースとなるため、ヒット・ハズレが直接に収入に関係してくる。ヒットしたときはアーティストに入る取り分が多い。メジャーの10倍なんてこともある。インディーズは事務所の指示やプロデューサーなどの縛りがない分、制作が自由にできる。「まずはリリース」がスタンスのため、新人にも門戸が広い。

収入のギャンブル感がすごい。でもヒットを出し続けることが可能なら夢の左うちわ生活である。時間や外からの縛りがなく自由に制作できることも魅力ではないだろうか。

インディーズ所属のデメリット
取扱ってくれる販売店数が少ないのでメジャーに比べて販売力は劣る。

インディーズのデメリットは収入面が大きいようだ。

透き通った紫色の瓶に好きなメッセージを入れて喜寿を演出

喜寿のお祝いの贈り物にお勧めなのが、紫色を用いたものです。

喜寿というのは、それだけ年齢を重ねて来ているので紫色が定着していますし、おしゃれな雰囲気を漂わせるのにふさわしい年齢ですので、その記念に紫色を選ぶのは気の利いた贈り物になります。

喜寿のお祝いに最適なギフトは、紫色の透き通った瓶に日本酒が入っている商品です。
何より紫色が透き通って見えるので、素敵な印象になりますし、名入れをしてもらうことが出来るサービスを利用することで相手へのメッセージ性が強くなる魅力があります。

瓶には、名前が入っているので感動のサプライズになります。
しかも、名前だけではなくメッセージを入れることも出来るので、お祝いの気持ちをストレートに伝えることが出来ます。
言葉で伝えるよりも、このようなギフトにメッセージを入れてもらうことで、より相手に感動を与えられる魅力があります。

吟醸酒なので味はお墨付きですし、金箔入りのお酒も選べるので、華やかにお祝いの席を飾ることが出来ます。
喜寿らしさをより演出するには、紫色の瓶に好きなメッセージを入れられることで成功します。
どんな贈り物をしたらいいのか悩んでいる方は、紫色のきれいな瓶であればイメージが湧きやすいので決めやすくなるでしょう。

お祝いを真心を込めて行うためにも、こうしたちょっとした気配りが出来る贈り物を選ぶと同じお酒を贈るのにしても、相手への気持ちが伝わりやすくなるのでとても便利です。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 当サイトのご紹介

    音楽とは人生。思い出の曲や人生のあの時に聞いたメロディは年をとってもその瞬間がフラッシュバックするものですよね。今回はインディーズとメジャーは何が違うの?、なぜインディーズレーベルという名のままに有名バンドが生まれたの?について少し触れています。

    ところで最近、宗教の勧誘がしつこくて困っています。
  • ↑ PAGE TOP